Kdan Mobile公式ブログ

【2023年最新】AIで業務効率化する方法|人工知能で効率化できる業務・ツール3選

AI 業務効率

 

今では頻繁に耳にする言葉、「AI」。ニュースやテレビ、SNSなど非常に多くの場で取り上げられており、皆さんにも馴染みがある言葉になってきているのではないでしょうか。AIを活用した事例もすでに多く出てきている中で、本記事では改めてAIの可能性について記載していきたいと思います。

AIとは改めてどのようなものなのか、そしてAIを活用することで効率化可能な業務、最後に、AIを活用した業務効率化を実現してくれるおすすめのツールについてご紹介しています。

AI

今さら聞けない、AI(人工知能)とは?

AIとは、Artificial intelligenceの略称で、日本語では人工知能と呼ばれています。1956年、アメリカのダートマス大学で開催されたダートマス会議にて、計算機科学者・認知科学者のジョン・マッカーシー教授によって提案された言葉です。AIは明確に定義されているわけではありませんが、人工的につくられた、知能を持つシステムや働きと表現されています。コンピューターがさまざまな動きや感性、表現などを学び、社会に役立てるためのものであり、すでに多くの分野で活躍しています。

AIにより効率化できる業務3選

そんなAIを活用することで効率化できる業務には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

  1. 物流
  2. 問い合わせ対応
  3. データの分析

以下で詳しくみていきましょう。

1. 物流

まず1つ目は、物流です。物流業界は、AIによる作業効率化が著しい業界の1つです。入出庫作業や受注処理業務、検品や荷物仕分け業務など、多くの工程を自動化することができます。すでにそのすべての工程を、AIの活用によって自動化し、省人化しているケースも見られます。

例えばAmazonの倉庫内では、重い荷物の移動や荷物の仕分け作業をロボットにやらせることで、人間が腰を曲げたり重い荷物を持ったりする負担を軽減していると同時に、業務の効率化を図っています。

その他にも、倉庫内をロボットが歩き回って品出しを行ったり、カメラで画像認識を行ってバーコードを読み取ったりと多くの作業をロボットが行っている映像が有名ですよね。もちろん、まだまだ人間の手が完全に介入しないことは難しい現状ですが、AIによる業務の効率化が進んでいる業界の代表例として挙げられるのが物流業界と言っても過言ではありません。

2. 問い合わせ対応

続いて、問い合わせ対応です。問い合わせ対応に関してもAIによる作業効率化が大幅に進んでいます。皆さんも一度は使ったり作動しているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。

例えば、あるホームページを開くと、右下にポップアップでお問い合わせという表示が出てきたことはありませんか?そしてそこをクリックすると、型の問い合わせへの対応をAIチャットボットが行ってくれたり、対応不可な場合は電話番号を案内してくれたりします。

こういったAIによる問い合わせ対応の機能を持ち合わせているサイトやサービスは増えてきていますよね。また、電話での問い合わせに対しても、音声対応と番号の入力で完結するものも増えてきており、問い合わせ対応に関しても自動化や業務効率化が進んでいるのを実際に感じることができます。
問い合わせ対応の業務効率化は、顧客満足度の向上や従業員の負担軽減にも繋がるため、企業、ユーザー双方にとってメリットがあります。

3. データの分析

最後に、データの分析です。営業や人事などの分野において、集めたデータの分析をAIが行うというケースも少なくありません。

例えば、営業で販売しようとしている商品の競合情報の収集・分析にAIが活用されているパターン。競合他社の調査は、1から人間が行おうと思うと多大な時間や手間がかかる作業ですが、AIに任せることで、より短時間で多くの情報を収集することができます。且つ、効率的に販売するにはどのようにしたら良いのかという分析まで行ってくれるのです。

他にも、人事分野において、エントリーシートの審査にAIを導入することで、どのような人が多く応募してきているのか、求めているスキルを持ち合わせている人はどのくらいいるのか、逆に足りていない人材はどのような人材なのかなど、さまざまな分析を行うことができます。結果的に、より効率的に求めている優秀な人材を見つけ出すことが可能になりますよね。

このように、AIを活用することでさまざまな業務が効率化され、同時に顧客、従業員の満足度アップやコストの削減を行うことができます。

⭐ 合わせて読みたい 
フリーアドレスオフィスとは?フリーアドレスを解説:詳しくはこちらをご確認ください!

業務効率化できるおすすめのツールをご紹介!

ここまで、AIによって業務効率化された事例をご紹介してきました。AIを導入・活用することで、主に時間の短縮による作業効率の向上が見込まれます。そこで最後に、業務効率化を図ることができるおすすめのツール「Document AI」についてご紹介します。

Document AI

ドキュメントAIとは

そもそも、ドキュメントAIとは、自然言語処理 (NLP)と機械学習(ML)を使用して、コンピューターをトレーニングしてパターンを記憶させることで、人間による、ドキュメントのレビューをシミュレーションする技術のことです。NLPを使用することで、コンピューターはドキュメントに含まれる情報や洞察を抽出する前に、ドキュメント内の言語の文脈上のニュアンスを含め、ドキュメントの内容を「理解」することが可能です。この技術により、ドキュメント自体を分類・整理することができるのです。ドキュメントAIでは、NLPで理解した言語をMLによってコンピューターに学習させることで、ドキュメントのレビューや、仕分け、分析などを行います。ドキュメントAIは、フォームや表、領収書や請求書、納税申告書、契約書、ローン契約書、財務報告書など、ビジネスに必要なさまざまなドキュメントの処理や解析に使われることが多々あります。

そんなドキュメントAIツールを、Kdan Mobileが提供しています。以下でDocument AIについて記載します。

・Kdanが提供する「Document AI」

ドキュメントAI

 

Document AIは、Kdan Mobileが提供しているドキュメント用AIソリューションサービスです。インテリジェントデータ認識という技術を使用し、アプリとKdanのスマートOCRをダウンロードして起動すれば、各種ドキュメントから重要なメッセージをキャプチャし、最小限のエラーで情報を抽出することが可能です。また、情報の抽出や検索、管理に必要な自動サマリーやタグ付け機能や、強力なデータ処理とフィルタリング技術が搭載されており、莫大な量の情報や複雑なコンテンツから、素早く重要な情報を抽出することもできます。AIオートタギング機能では、ファイル内のキーワードに基づいて認識可能なタグを追加することも可能です。さまざまな機能を使って、エラーを検出したり、情報の抽出や検索、市場調査を簡単に行えるようになっているため、大幅な業務効率化を図れる優れたツールとなっています。さらに、AI搭載の自動編集機能が機密データのフォーマットを認識し、検出された機密情報を自動的に再編集してくれるため、データやツールそのもののセキュリティ面も安心です。安全に使えるツールは、ユーザーにとって魅力的ですよね。Document AIについてより詳細を確認したい場合は、ぜひ公式HPを確認してみてください。

AI対話アプリ「Chat GPT」

近年、人工知能(AI)技術は急速に進化し、ビジネスのあらゆる側面で効率化と革新をもたらしています。その中でも、CHAT GPTは業務効率化の最先端を走るツールとして注目されています。CHAT GPTは、OpenAIによって開発された革命的な自然言語処理モデルで、人間のような自然な対話を行うことができます。

なぜCHAT GPTなのか?

  1. 迅速な顧客対応: CHAT GPTは24/7稼働し、顧客の質問や疑問に即座に応答します。これにより、顧客サポートの負担を軽減し、顧客満足度を向上させます。
  2. 精密なデータ解析: CHAT GPTは大量のテキストデータを解析し、洞察を提供します。顧客のフィードバックや市場トレンドを把握し、ビジネス戦略の最適化をサポートします。
  3. 業務の自動化: 繰り返しの業務やルーチンワークをCHAT GPTに任せることで、従業員はより戦略的かつ創造的な仕事に集中できます。これにより、生産性が向上します。
  4. 柔軟な統合性: CHAT GPTは既存のシステムとシームレスに統合でき、既存のワークフローを大幅に改善します。煩雑なプロセスを簡素化し、スムーズな業務遂行を可能にします。

CHAT GPTは、その優れた自然言語処理能力によって、ビジネスのあらゆる側面で驚くべき効果を発揮します。未来のビジネス環境に適応し、競争力を維持するためには、CHAT GPTの導入が不可欠です。あなたのビジネスを効率化し、革新的な成果を生み出すパートナーとして、CHAT GPTを信頼してください。

データ分析にAI活用「Tableau」

ビジネス界において、データは新しい黄金とも呼ばれ、その価値を最大限に引き出すためには効果的なデータ分析が不可欠です。その中でも、Tableauはビジュアルデータ分析の分野において、非常に強力なツールとして知られています。Tableauは、AI機能を駆使してデータの秘密を解き明かし、ビジュアルなダッシュボードやレポートを自動的に作成します。

Tableauの魅力とは?

  1. 視覚的なデータ探索: Tableauは、データを視覚的に探索するための直感的なツールを提供します。グラフやチャートを使って、データの傾向やパターンを素早く把握できます。
  2. AIによるデータ発見: TableauはAI機能を活用して、データの中に潜む洞察を自動的に発見します。これにより、ユーザーは重要な情報を見逃すことなく、迅速に意思決定できます。
  3. カスタムダッシュボード: ユーザーはTableauを使用して、カスタムダッシュボードやレポートを作成できます。これにより、特定の業界やビジネスニーズに合わせたデータ可視化が可能です。
  4. データの一元化: Tableauは異なるデータソースを一元化し、統合的なデータ分析を可能にします。これにより、データの断片化を解消し、包括的な洞察を得ることができます。

Tableauは、AIを活用してデータを効果的に可視化し、洞察を提供するためのリーディングツールの一つです。データ駆動の意思決定において、Tableauはビジネスに価値ある洞察をもたらし、競争力を高めるための貴重なツールです。データの力を最大限に引き出すために、Tableauを採用することで、ビジネスの未来を輝かせましょう。

・Kdan Mobileについて

Kdan Mobile

上記のツールを提供しているKdan Mobileは、この他にもモバイルに特化したドキュメントソリューションとクリエイティブソリューションを多数提供している台湾発のSaaS企業です。提供しているツールは、今回ご紹介したDocument AI以外にも、電子署名アプリや、ドキュメント管理アプリ、クラウドサービスやクリエイティブ制作アプリなど、多岐に渡ります。どれもモバイルでも作業が進められる仕様になっているのが特徴。これらの総ダウンロード数はすでに世界で2億を越えており、延べ1,000万人以上のユーザーを抱えています。コロナ渦で本格化が進んでいるリモートワークへの移行への支援活動なども行なっているだけあり、社員の働き方も個人によってフレキシブル。常に最新のテクノロジーを駆使したサービスと、時代に合った働き方を先駆けて試しており、今注目の企業です。

⭐ おすすめ記事 
PDFをプレゼンテーションで使用する方法:詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?本記事では、AIやAIによる業務効率化について記載しました。今後もどんどん活躍の場が増えるであろうAI。これからの動きや活用方法にも注目です。

カテゴリー