アニメーションをエクスポートする方法

iOS

では、アニメーションをエクスポートしてみましょう。

アニメーションのエクスポートはワクワクする瞬間です。Animation Deskは、MOV、GIF、PDF、Photoshopファイル、ad.packageなど各種エクスポート形式に対応しています。本セクションではアニメーションのエクスポート方法をご紹介します。

アニメーションを別の形式でエクスポート

「シーケンスタブ」に移動します。シーケンスの表示方法を「ギャラリーモード」と「グリッドモード」から選択できます。下の写真は、エクスポートボタンの位置を示しています。 AnimationDesk_ExportAnimation
グリッドモード AnimationDesk_ExportAnimation
ギャラリーモード

動画としてアニメーションをエクスポート

AnimationDesk_ExportAnimation
Animation Desk では、1:1、4:3、16:9の3種類のアスペクト比をご用意しています。「スタート」をタップしてオーディオトラックを追加し、動画をエクスポートます。 現在、ユーザーは1つのシーケンスにオーディオトラック1曲追加することができます。エクスポートした動画はカメラロールに保存されます。

GIFアニメーションをエクスポート

AnimationDesk_ExportAnimation
GIFアニメはとても楽しいです。GIFを640×480、480×320、240×160ピクセルのサイズでエクスポートできます。

PDFストーリーボードをエクスポート

AnimationDesk_ExportAnimation
ストーリーボード作成は、ストーリーをプランニングしてアイデアを伝える優れた方法です。 ストーリーボードをAnimation Deskで作成し、ストーリーボードをPDFシートとして出力します。 フレーム内の各ショットの描画のみを行い、シークエンスをPDFとしてエクスポートすることを選択します。 Animation Deskは、ストーリーボードレイアウトを4種類ご用意しています。

編集可能なアニメーション形式であるAd.packgeをエクスポート

AnimationDesk_ExportAnimation
Ad.packgeはAnimation Desk用ネイティブフォーマットです。従って、ad.packageファイルをAnimation DeskのAndroid版、UWP版にインポートして編集作業を継続できます。

Photoshopファイルをエクスポート

AnimationDesk_ExportAnimation
エクスポートのフォーマットとして「PSD」を選択します。Animation Deskの各フレームは、Photoshopの1つのレイヤーとしてエクスポートされます。 ADiOS_InterfaceNavigation_Brush
Animation Deskレイヤーを選択した場合、アプリはアニメーションをエクスポート前にレイヤーを全て結合します。 Animation Deskの各フレームが最終的にPhotoshopのレイヤーとして表示されます。 AnimationDesk_ExportAnimation
フレーム数が多い場合は、Animation Deskでフレームを別々のPhotoshopファイルに分割することもできます。 ADiOS_InterfaceNavigation_Brush
例えば、合計12フレーム3レイヤーのアニメーションを作成するとします。このシーケンスをPhotoshopファイルとしてエクスポートする場合。以下は、3つのレイヤーを全てエクスポートし、フレームを全て1つのPhotoshopファイルにまとめることを選択した例です。

アニメーションをエクスポートして共有してみましょう

皆様も私達同様Animation Deskをご活用になれることを願っています。SNSに作品を投稿する際、私達が作品をチェック出来るよう、#AnimationDeskのタグ付けをどうぞお忘れなく。

ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。