アニメーションの速度(FPS:フレームレート)とフレーム繰り返しの管理

Windows

Animation Deskのフレーム繰り返しとFPS

モーションスピードはオブジェクトのテクスチャと重さを表しています。 フレームを繰り返すことでアニメーションのスピードを調節できます。 フレームを繰り返すことでモーションが長く、ゆっくりになります。 FPS(フレーム/秒)を変更することもできます。 初期設定では、アニメーション制作は24FPSに標準設定されていますが、手書きのアニメーションなら12FPSで始めることをおすすめします。

フレームを素早く表示

フレームボタンをクリックして、フレームパネルを隣のキャンバスまで拡張します。 スクロールするとこれらのフレームを並べて表示します。 一番上にアクションボタンがあります。 フレームを選択して、「繰り返し」ボタンをクリックするとフレームを繰り返します。 繰り返しボタンの隣に他のアクションボタンがあることがわかります。 AnimationDesk_App_Brush

フレームビューアでフレームを表示

フレームビューアにある複数のフレームを選択して繰り返すことができます。 フレームビューアに入ってモード選択に移ります。 複数のフレームを選択して、「繰り返し」ボタンをクリックします。 AnimationDesk_App_Brush

FPSとは何か-アニメーションのスピードは速くすべきか?

FPS(フレーム/秒)の設定はアニメーション制作において大変重要です。 FPSが低すぎると、アニメーションがぐだぐだになります。 YouTubeやWebデザインでは違いがあまり出ませんのでFPSをあまり高くする必要はありません。 また、FPSが高過ぎることは、アニメーターがより多くのフレームを描く必要があり、ハードウェア要件が高くなることを意味します。 シークエンスの新規作成時にFPSを設定することができます。 さらに、再生中の時間表示をクリックして、FPSを調節することもできます。 最初は12FPSがベストです。FPSは8FPS以上に設定することをおすすめします。

AnimationDesk_App_Brush

インスピレーションを具現化:アニメーション用Xシート

アニメーターはXシート(露出シート)を使用して、アニメーションの展開を指示することができます。 Xシートは各ショットのフレーム数だけ行が区切られています。 以下の場合を例にすると、各ショットのフレーム数は2です。 この場合、1フレームしかないショットと比べてモーションがゆっくりになります。

ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。