Windows 10 対応Animation Desk アプリケーション: インターフェースマニュアル

Windows

Surface Pro& Window 10付きノートパソコン対応アニメーション制作アプリケーション

Animation DeskUWP (ユニバーサルWindowsプラットフォーム) はWindows 10対応デバイスで動作します。 このアプリケーションはアニメーション制作のコツが身につく最高のツールです。 本セクションでは、編集インターフェースについてご紹介します。

Animation Deskのブラシと編集ツール

編集ツールはキャンバスの上にあります。 左から順番に塗りつぶし、ペン、ブラシ、マーカー、鉛筆、スプレー、スクリーントーン、覆い焼き・焼き込み、消しゴム、ブラシサイズ、ブラシ不透明度の各種ツール、機能を選択できます。 ブラシツールの隣にはカラーパレット、カラーピッカー、ルーラーのアイコンがあります。 AnimationDesk_App_Brush

フレーム表示

従来のアニメーションはフレームのシークエンスで構成されています。 全てのフレームを連続で表示する場合、下にあるフレームボタンを押してください。 スクロールしてフレームを表示します。 アクションボタンでフレームの新規追加、複製、リピート、削除をすることができます。 全てのフレームを同時に表示したい場合、またはフレームを一括で選択する場合、フレームビューアに移動してください。 AnimationDesk_App_Brush

レイヤーを表示

レイヤーパネルは編集インターフェースの左側に表示されます。 レイヤーが見つかりましたら、下に見えるレイヤーボタンをクリックしてください。 レイヤーの名前変更、挿入、消去を行うことができます。 レイヤーパネルを非表示にして描画スペースを広くとることができます。 レイヤーパネルが隠れている場合、ドロップダウンリストでレイヤー間の切り替えは可能です。 AnimationDesk_App_Brush

現在のフレームにオニオンスキンを有効にする

設定画面にオニオンスキン機能があることがわかります。 白黒のオニオンスキンはフレーム間で不透明度が違います。 カラーのオニオンスキンは前のフレームを赤で表示し、次のオニオンスキンを緑で表示します。 電球ボタンをクリックするとオニオンスキン機能のオン/オフを変更できます。 AnimationDesk_App_Brush

Windows 10版Animation Deskのホットキー

ホットキーとは、ユーザーがキーボードで特定の組み合わせのキーを入力することで素早く操作が可能なショートカット機能です。 設定画面で「ホットキーのヒント」を有効にすることができます。 この機能を有効にするとキャンバスの各ボタンにキーワードのヒントが表示されます。

インスピレーションを具現化:学校や職場でAnimation Deskを活用

Animation Deskで素敵な創作を実現してください。 他のユーザーによるAnimation Deskの学校や職場での活用方法については Kdan Mobile公式サイトをご覧ください。

ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。