チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

アニメーションの12の法則:従属アクション

banner-img

アニメーションの副次アクション

副次アクションはメインアクションに対する補助的なアクションです。 副次アクションの目的はキャラクターの性格や感情を強調することです。

副次アクションとフォロースルーの違い

フォロースルーはメインのアクション後に実行しますが、副次アクションとメインアクションとの間にはそのような因果関係はありません。

野球のピッチャーがボールを投げると、ボールが腕から離れた後も腕は振り下ろされます。この場合、メインアクションはボールを投げることであり、腕を下すことは、動作の慣性によるフォロースルーのアクションです。

ピッチャーがボールを投げて三振に打ち取ると、拳を握りながら腕を振ってジャンプします。 腕の揺れと最初に拳を握ることが副次アクションであり、喜びを強調しています。

副次アクションの作成

副次アクションは感情とスタイルが重要です。 そして、副次アクションの作成にあたって副詞や形容詞について意識します。 例えば、「ジミーは嬉しそうに歩いている」と「ジミーは悲しそうに歩いている」はこのアクションが「嬉しそう」か「悲しそう」であるかの感情を重要視しています。 アクションや参考動画を演じることは詳細の把握に役立ちます。

無料のアニメーションハンドブックを入手する

ハンドブックをメールでお送りします。

handbook-01
ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。