チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

アニメーションの12の原則 実質感のある絵

banner-img

アニメーションにおける実質感のある絵

実質感のある絵は2Dや3Dのアニメーションに欠かせない手法です。 アイデアの描画と他のアニメーション原則の理解に役立ちます。 キャラクターのアニメーションに一貫性と活き活きした感じを与えるためには、アニメーション中のキャラクターの体積、重量、バランス、構造について注意してください。

重量と体積

重量と体積には構造と視点の2つの要素があります。 アニメーターが描画の視点を正しく利用して、キャラクターの体積を一定に保って描いていれば、キャラクターが違うアングルでのポーズを強調しても視聴者はそのキャラクターを認識できます。 最初に、ラフスケッチを描いてキャラクター像を大まかに決定できます。 詳細を取り除くことで、すぐに体積と視点をチェックできます。

content-img

コントラポスト(対置)

コントラポストとは片方の足に全体重をかけて反対側の腕を下して立っているポーズです。 コントラポストは人体に自然なねじれを生み出し、人体の動きと曲線を強調します。

一般的に非対称のポーズは人体を活き活きさせて、自然な感じを出します。 曲線の原則においてこの手法を使用すれば、滑らかで自然な動きを出すことができます。

content-img

解剖学的構造

棒人間は人物画の描き始めに最適です。 頭とヒップを先に描いて、棒人間の枠組みを形成します。 その後、手足を描くことができます。

content-img

無料のアニメーションハンドブックを入手する

ハンドブックをメールでお送りします。

handbook-01
ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。