チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

アニメーションの12の原則 演出

banner-img

アニメーションにおける演出

演出の目的は自分が伝えたいことを視聴者に伝えることです。 シーンで最も重要なオブジェクトやアクションは際立っていますか? そのシーンはあなたのメッセージを伝え、感動を呼び起こしていますか? 演出とはアクションのアレンジとシーンの構成です。 このセクションでは、ワイドショット、ミディアムショット、クローズアップショットを説明します。 これらが最も一般的で基本的な3つの演出方法です。

ワイドショット

ワイドショットでは、視聴者がキャラクター周辺の様子や背景を確認できます。 ワイドショットは、ストーリーの背景をまとめるのに便利ですが、キャラクター個人の感情表現には向きません。

content-img

ミディアムショット

ミディアムショットはキャラクターの顔の表情、物理的な動作、一部の背景を撮影します。 ミディアムショットは撮影による情報量が多く、広く利用されています。

content-img

クローズアップショット

クローズアップショットはキャラクターの顔でフレームを埋め尽くします。 クローズショットはキャラクターの表情や感情を強調します。

content-img

どのショットを使用すべき?

各ショットにはそれぞれ長所と短所があります。 撮影するとき、アニメシーンの画像の撮影タイプがバラバラであったとします。 別々の位置のオブジェクトとキャラクターを調節して、最も感情を表現できて自分の考えを伝えることができる構成を決定します。

無料のアニメーションハンドブックを入手する

ハンドブックをメールでお送りします。

handbook-01
ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。