チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

チュートリアル

Kdan Mobile
ad-ic
無料ダウンロード
kdan-ic

アニメーションの12の原則 Part1

banner-img

アニメーションの12の基本原則はディズニースタジオのアニメーターであるオリー・ジョンストンとフランク・トーマスが1981年に出版した『ディズニーアニメーション 生命を吹き込む 魔法 ― The Illusion of Life ―』で紹介されているアニメーション制作の基本テクニックです。この基本原則はアニメーション制作会社で広く採用され、様々な種類のアニメーションの制作に影響を与えています。

潰しと伸ばし

潰しと伸ばしの手法は、動くオブジェクトの物理的現象の自然さを強調します。 大切なことは、オブジェクトの体積を一定に保つことです。 これを守らないと、2つのオブジェクトは完全に違うものに見えてしまいます。

content-img

予備動作

予備動作の手法によって、視聴者は次に起こることを予感します。 アクションは、予備動作、アクション、フォロースルーの3つに分解することができます。 物理学の知識は正確な動きの描画に役立ちます。

content-img

ストレートアヘッドとポーズトゥポーズ

ストレートアヘッドは アニメーターが最初のフレームから最後のフレームを順番に描画するアニメーション手法です。 ストレートアヘッドの手法は爆発や炎のように明確な物理的パターンがしないアニメーションに最適です。

content-img

一方、ポーズトゥポーズの場合、アニメーターは最初にキーフレームを制作し、インビトゥイーンで埋めていく必要があります。 ポーズトゥポーズは建設的な手法です。 アニメーターはアクションの流れをコントロールし、キャラクターの体積を一定に保つことができます。

content-img

フォロースルーとオーバーラッピングアクション

フォロースルーはメインのアクションが完了後のアクションです。 フォロースルーの手法は動いている箇所の慣性を再現します。 例えば、野球のピッチャーがボールを投げると、ボールが腕から離れた後も腕は振り下ろされます。

content-img

オーバーラッピングとはメインキャラクターのパーツのアクションを重ねることです。 例えば、ジャンプしているダンサーや揺れているチュチュドレスの動きを重ねます。 オーバーラッピングの手法でアニメーションがより滑らかで活き活きします。

両端詰め

高スペックのスポーツカーでも加速、減速に数秒かかります。 両端詰めの手法を使用すると、アニメーションがよりリアルになります。 オニオンスキンで描画の表示速度が変化しているか確かめてください。

content-img

運動曲線

多くの動作は自然な曲線の軌道を描きます。 例えば、歩いているときは、腕は曲線を描いて揺れます。 顔の向きを変えるような小さな動きでも曲線を描きます。 動きが速くなるほど、曲線は平らになり、遅くなるほど、曲線は弧を描きます。

content-img

タイミング

タイミングはアニメーションにおいて極めて重要な要素の一つです。 タイミングは動きにスピード感を与え、感情や緊張感を生み出します。 制作費の大きなアニメーションでは、1秒あたり24フレームを使用しています。 テレビアニメでは、1秒当たり12フレームまたは8フレームを使用しています。 このような場合、フレームは複数回撮影して手間を省くことになります。

content-img

誇張

誇張によってアニメーションのパフォーマンスを強調しますが、パフォーマンスを過剰にコメディチックにすることは避けるべきです。 誇張の目的は視聴者に納得してもらうことです。 詳細が分かりやすくリアリティを残すことで視聴者をさらに惹きつけます。

content-img

無料のアニメーションハンドブックを入手する

ハンドブックをメールでお送りします。

handbook-01
ad

Animation Deskは、App Store、Google Play Store、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。